テンクウのブログ

ポケモンの対戦考察など


スポンサーリンク

【単体考察】するどいツメミミッキュによる剣盾式ライアーゲーム

剣盾ランクマッチシーズン1で使用したノーマルゴーストパーティのポケモンについて詳細を記載する。

今回はするどいツメミミッキュを紹介。

 

ノーマルゴーストパーティについてはこちらの記事を参照

tenku64.hatenablog.com

 

するどいツメミミッキュの調整例

f:id:tenku64:20200101192145p:plain技:シャドークロー、じゃれつく、かげうち、つるぎのまい

努力値:HP4、攻撃252、素早さ252

基本はいのちのたまミミッキュの運用で問題なし。

持ち物についてはピントレンズも同じ効果なのでお好みで。

一応なげつけるの威力に差があるのでどろぼう+なげつけるを対策をしたいならピントレンズの方が良い。

 

特徴

シャドークローという技には急所当たりやすい効果があり、急所に当たりやすいアイテムを持たせることでシャドークローの急所率は1/2になる。(他の技の急所率は1/8)

 

他の火力アップアイテムのいのちのたまとのろいのおふだと比較するとこうなる。

いのちのたま:すべての技が威力1.3倍、攻撃を当てるたびにHPが1/10ずつ減る

するどいツメ:シャドークローの威力の期待値が1.25倍、他の技が1/8で急所に当たる

のろいのおふだ:シャドークローとかげうちの威力が1.2倍

こうして比べてみると安定性はなくなるが他の持ち物と性能差はあまりなさそう。

 

運用方法

てっぺきを積むアーマーガアなどミミッキュを起点に耐久を上げてくるポケモンに対して急所で確1になるまでつるぎのまいを積んで攻撃するようにする。

注意点としては耐久積むポケモンの中には特性てんねんのヌオーやノーマルタイプのカビゴンなどがいるのでそれらのポケモンには勝てないので相手しないようにしよう。

 

剣盾式ライアーゲーム考察

ここからは剣盾シーズン1で行われていたライアーゲームについて適当に考察してみる。

想像によるものなので真実とは限りません。

 

ミミッキュとアーマーガアが対面した時普通に考えたらアーマーガアが勝つ対面。

後出しでアーマーガアを出してミミッキュがつるぎのまいをしていてもアーマーガアが有利に戦える。

しかしミミッキュにするどいツメを持たせた場合、ミミッキュ側がアーマーガアを倒せるターンはつるぎのまい2回とシャドークロー1回急所の最短3ターンになる。(耐久に特化していた場合は倒せないのでだいたい4ターン)

アーマーガア側がミミッキュを倒せるターンはばけのかわ込みでアイアンヘッド3ターンになる(攻撃に努力値を回していた場合は2ターン)

一見アーマーガアが若干有利に見えるが相手から急所を考慮されていなければ、後出しで出すターンがあったりてっぺきを積む余裕があったりと1/2の勝負を仕掛けられていることに気付かず不利な選択をしてくるので実際はかなり高い確率で勝つことが出来る。

Q:そんなに不自然に急所を当て続けたら持ち物に気付かれて動画やツイッターで出回らないか。

A:ポケモンの対戦は何百試合もするものなので1試合くらい不自然なくらい急所に当たってもそんなに気にする人はいないと思う。

実際オーロンゲのトリックで持ち物バレしたり、ピントレンズきょううんトゲキッスを注目されたりしていたのでたぶん気付く人は多かったかもしれない。

 

万が一持ち物気付いて型を公開する場合はアーマーガアに苦労させられた人がミミッキュを使いだしミミッキュの使用率が増えて、アーマーガア使いの人が急所を狙うミミッキュに勝てる努力値調整して汎用性を落として、その影響でカバルドンやカビゴンの使用率が増えるというシーズン終盤でよくわからん環境になるのは誰も得しないのできっとするどいツメミミッキュが強いとか言って環境操作をする人はいないと思われる。

 

実際はシーズン終盤にダイジェット型のアーマーガアが流行ってミミッキュでは勝てなくなったのでおとなしくアーマーガア対策は電気タイプシルヴァディに任せることにした。

結果的にはアーマーガアにダイマックスを使ってくれるので安定して勝てるようになったので問題なし。

 

もしかしてミミッキュのするどいツメ型に気付いた人がこっそりダイジェット型アーマーガアを流行らせて環境を大きく変えずに対処していたのかな。考えすぎか。

 

使用感

耐久を上げるポケモンを急所1撃で倒せるのは他の型にはない爽快感があった。

記事書くときに表記の統一が面倒なので持ち物はおとなしくピントレンズにするべきでした。

 

するどいツメミミッキュはレンタルパーティにて公開中

f:id:tenku64:20200101182844j:plain